シーン275:「帰路の楽しみ」

お当番 : 東 勝


 今年の4月より、仕事に追われている日々が続いています。 夜9時以降に職場を出ることも珍しくありません。 なので、自宅への帰路は疲労感いっぱいですが、その中でもちょっとした楽しみが生まれました。

 それは野生動物との遭遇です。
 私は渋滞や信号を避けるため、主要道路ではなく、山道を通って通勤しています。 遅い時間帯になるといろいろな動物が出てきます。
 一番多いのは、猫(野生ではなく、飼い猫の類かもしれませんが・・・)
 次にタヌキです。
 レアキャラでいけば、大きな鹿にも遭遇しました。別日には小鹿も見ました。

 ある日、初めてみる動物がいました。 暗がりの中だったのでよく見えたわけではありませんが、タヌキにしては首の長い、顔周りがシュッとした動物です。 ものを知らない自分は早速携帯のネットで画像を検索。

 とりあえず・・・・・・「タヌキ」・・・・やっぱりちがう
 もしかしてあれか?・・「アナグマ」・・・全然違う
 首の長さ的に・・・・・「イタチ」・・・・顔の形も色もやっぱり違う
 じゃあ・・・・・・・・「テン」・・・・・やっぱりちがう
 えっと・・・・・・・・「マングース」・・うん、ちがう

 で、帰って奥さんにその話をしたところ、出てきたのが「ハクビシン」。
 そういえばよく耳にする名前。畑を荒らす動物として。 やはり奥さんの実家の畑にも現れた、作物を栽培する方としては嬉しくない動物だそうです・・・。

 野生の動物に遭遇する楽しみはあるけれど、農家等の方々にとっては、あまりいてほしくない動物と考えると、ちょっと複雑・・・。


back          next