シーン313:「公演後記」

お当番 : 舘川トモヒロ


こんにちわ、舘川です。

今回は、前回までのオタク写真シリーズはお休み。
「けれスク」の話をしたいな、と。
いわゆる、公演後記です。

ご来場いただきました全ての人に感謝します。

そして、客演してくださった・・・

ぷーさん
あまじゅん
かつみん
しょーちゃん
だいちゃん
(順不同、愛称ご容赦)
へ、感謝と御礼を申し上げます。

スタッフとしてサポートしていただいた皆様にも
感謝と御礼申し上げます。

こうして、無事に幕を降ろせたことは手放しで喜べる事ではありませぬ。
支えてくれる人がいるから、舞台に集中できる人がいる。
みんなで作ってるから、観劇に来て頂いた皆様にも喜んでいただける。
劇団員が懐に抱く感情は、感謝に絶えないはず。

主宰のコラムにある通り、体調を崩した一員です。
夏に入院した体力がなかなか戻らぬまま、本業に追われる日々を過ごし
稽古にあまり参加できない。
負のサイクルに飲まれたまま、公演を迎えるのかと冷や汗をかきました。
今となっては、無事に終わって良かったって思えるのですが、
本番直前まで不安に満ちてました。

こんなドMな趣味を、なんで続けてるんだろうとも思いました。
なんなら、けれスクのタイミングで復団もしてます。
たぶん、馬鹿なんでしょうね。芝居馬鹿。
好きじゃなきゃできないし、辛いなら辞めればいいのに、復団してる。
やったら楽しいの知ってるから。

でも、楽しむために必要な稽古を重ねてるか、これですよね。
そんな不安定な状態を支えてくれた全ての仲間に感謝したい。

心身ともに満身創痍で臨んだアナザーとの対決、どうでしたか?
私は0.5ゲーム差でアナザーが優勢だと思います。
だから、再戦させてください!
また一緒に舞台立たせてください!
素敵な出会いに感謝、です。だって、まった一緒に舞台立ちたいもん!

あ?、なんか書きたいことは沢山あるけど、
今回はこのくらいで。


back          next