シーン319:「マニアックなお話〜外伝〜」

お当番 : 舘川 トモヒロ


どーも、舘川です。

あんまり鉄道写真の話ばかりしてもアレなので、
今回は違う写真のお話です。

みなさん、お花見には行きましたか?
桜を口実に飲んで食べて、それはそれは良い気分なんでしょーねー(笑)
しかしながら、酒が燃料のわたくしでも花見はするけど花見はしません。

なぜって?何言ってんだコイツって?

人混みが嫌いで、且つ飲んだら運転して帰れないからです。
わざわざ代行呼んでまで花見をしようとは。。。

さて、写真に話を戻しましょう。
要は宴会目的で無く、純粋に綺麗な写真を撮りたくて花見に出るのです。
そして人が少なくなる時間帯と場所を選んで(笑)
そうすると、夜桜の写真ばかりになるんですな。これが。

今年は自宅の裏にあるグラウンドの桜と、岩宿遺跡の近くにある
桜並木で写真を撮ってきました。
いやぁ、風が強くて寒かった。

桜って以外と撮り辛いんですね。
引きで撮ればそれなりに綺麗には撮れますが、どこかつまらない。
寄せて撮ると花がチョボチョボで思ってたのと違う。
そうすると、どの構図が良いのかカメラと三脚を担いでウロウロフラフラ。
もれなく不審者が出来上がるわけです。
通報はされませんが職質なんて星の数ほど。。。あ、いやいや。うん。

さて、たまには身になる(かもしれない)話でもしますかね。
夜桜を撮るときコツみたいな物をちょっとだけ。
・白い水銀灯・ダイオードの街灯はフレームに入れない
 →青白い光が強烈で、情緒が損なわれてしまいます。
  できれば、白い光が当たっている桜も避けた方が良いでしょう。
  水銀灯やダイオードの街灯は青系の白、桜(ソメイヨシノ)は赤系の白。
  混ざると不自然な色になります。まぁ、明かりがあるだけマシですが。
  白熱球の様に赤系の明かりが当たっているとベスト。
  柔らかく、ホッとする様な画になります。

・寄せて寄りたいときは、背景をボカす
 →できれば、桜の花がフレームいっぱいに入っていて
  手前の花にピントが当たっていると綺麗に見えます。

・風が強いときは、思い切る
 →人間は自然を前にすると無力です。
  諦めが肝心です。良いコンディションを選んでも負けではありません。
  一眼レフで撮る人は、感度を下げて長時間露光で30秒も開けたら
  面白い画になるかもね!(ならないかもね!)

・現像時、または撮った写真を編集する
 →撮って出し至上主義の人には関係のない話です。
  私は編集・現像してこその写真だと思ってますんで。はい。
  一眼レフ・ミラーレス・コンデジ・スマホ、何で撮っても構いません。
  どんなソフト・アプリを使っても構いません。
  簡単に綺麗に魅せるには、画に「マゼンダ」を加えましょう。
  桜というとピンクなイメージですが、実は白い。
  以外と地味なんですね。
  そこにお好みでマゼンダを足すと、あら不思議。
  急に写真が色っぽく艶っぽくなります。エロスの極みです。
  InstagramやPics artなど、フリーのアプリで十分。

気になる人は、今から写真をいじってみましょう♪
2番目と3番目のヤツは、夜桜じゃなくても使えるよ!

では、今年撮った桜をご覧頂きながら失礼いたしやす。


back          next