シーン330:「ぷるっくい番外編」


毎回、劇団員のコラムをお届けしている「シブパののぞき穴」。
今回は番外編をお届けします。

さて、タイトルにもなっている「ぷるっくい」とは、劇団シブパ公演の際に『ご自由にどうぞ』方式で配布している劇団新聞です。
6月にあった第23回公演でもぷるっくいを発行しましたが、そこで構成の都合で残念ながら掲載されなかったこぼれネタ。
お蔵入りするのももったいないので、ここで紹介させていただきます!


「のこしもの」であいうえお作文   お題:今までの人生の後悔

〇森田 リョウジ
の:野田秀樹さんの作品で
こ:公演『半神』を
し:四十(しじゅう)までにしたかったのに
も:もう、できなそう…
の:伸びないアキレス腱だから。

〇赤石 マサエ
の:「埜々花を」と
こ:こめし想ひを
し:知りつゝも
も:戻れぬ我が身
の:残りおほしや

〇小菅 信吾
の:飲んだくれたり、
こ:恋を沢山したり、
し:失恋もしたり、
も:もう十分というほど謳歌する。
の:後に「そういうことを全然してこなかったなぁ」と寂しく振り返る青春時代を
  過ごしてきたこと。

〇瀬山 和美
の:残り公演まで1か月
こ:このままじゃ台詞が入らない
し:しかたない
も:もう最後の手段だ!
の:飲んで寝よう…
→何度となく現実逃避するのが得意な私。いや、飲みたいだけ!?(笑)

〇東 勝
の:のりツッコミができなくて、「あ、あ、うん・・」という、盛り上がらない
  反応しかできなかった(今もできない)
こ:肥えていること(食べることが大好きなもので・・)
し:芝居の面白さに気づくのが遅すぎた!
も:もっとスキーや海に行くべきだった!(2年間新潟にいたのにほとんど
  行かなかった)
の:飲みニケーションをもっとしたかった、かな?

〇草原 ピッピ
の:のりの佃煮って。
こ:こんなにも旨いのか。
し:しめしめ。
も:もっと食べたい。
の:のりの佃煮、ご飯が進む、故にこの体型…無念(笑)

〇沢村 希利子
の:飲みすぎて
こ:ことごとく記憶をなくして
し:舌打ちして
も:もうどうでもいいやと
の:飲み潰れる

〇秋山 えりか
の:能力がないながらも
こ:こつこつとこなそうと思うが
し:仕事がうまく進まない
も:もっと試行錯誤を繰り返して
の:能力をあげたい

〇宮野 圭輔
の:のみすぎた次の日に
こ:こんなに苦しくて
し:しにそうな気分になるなら
も:もう二度とのみすぎないぞと誓うんだけど
の:のみすぎちゃうんだよなぁ。

〇加庭 奈央
の:のんびりしているようで
こ:ここぞという時
し:信念をもって
も:物事に取り組む
の:「能ある鷹は爪を隠す」みたいな、そんな人になりたかったなぁ…。

〇舘川 トモヒロ
の:飲みすぎて
こ:今度こそ布団で寝ようと思ったのに
し:しっかりお店の駐車場のアスファルトの上で寝てしまい
も:もう酒は飲まないと決めたのに
の:飲んでる私


back          next